2021年度介護職員初任者研修のお知らせ

  • 投稿者 : care
  • 2021年4月28日 9:43 AM

上伊那医療生協では「介護職員初任者研修」を今年度も開講します。

この研修では介護に関する資格を得ることが出来ます。また、介護技術を学ぶことで、ご家族の介護にも活かせます。

ぜひこの機会に「介護職員初任者研修」を受講してみませんか!

 

昨年の初任者研修受講の様子

 

期間は今年7月から11月の間で、会場は伊那市狐島の「生協総合ケアセンターいな」を予定しています。

受講料は一般40,000円、高校生は28,000円です。(テキスト代別)

新型コロナ感染予防対策を徹底します。(新型コロナの感染状況等により日程が変更になる場合があります)

2021初任者チラシ←←←こちらをご覧ください!

 

 

新年度スタート!

  • 投稿者 : care
  • 2021年4月27日 10:04 AM

皆さんこんにちわっ(^^♪

ブログ担当のNiです。宜しくお願いします!

 

4月始めの飯島 田切の里の桜

 

いつもより早い春が訪れた4月始め、上伊那医療生協に新しい仲間が大勢加わりました。

医師に看護師、理学療法士や事務など33名が入職。そのうち、我が介護職員は8名!

新人メンバーは、新卒から他施設で経験のあるベテランさんや外国籍の人など様々です。

 

介護部のブログでは昨年入職した職員を、1年もかけて(-_-;)紹介してきましたが・・・

今年もやります!皆さん乞うご期待‼

 

 

がんばっています!④

  • 投稿者 : care
  • 2021年3月26日 11:38 AM

伊那谷にも、南の方から駆け足で春の便りが届く今日この頃。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

今年度の新入職員で最後に紹介するのは、はびろの里の小規模多機能で働くOさんです!

 

Oさんに3つの質問!

Q:介護の道に進んだ動機は?

A:「前々から興味はあったものの踏み込む勇気がでなかったんですが、祖父母の介護と看取りができなかったことの後悔と、親も高齢になり親はしっかり介護したい、と思ったのが動機です」

Q:普段心掛けている事って?

A:「人生の先輩としての尊敬を忘れず、でも身内の様に寄り添い、笑顔を忘れず・・を心掛けています」

Q:1年間介護の仕事をしてきて学んだことは?

A:「漠然と、『介護の仕事って大変だろう』って思っていて、実際は想像以上に大変で(笑)、でも想像以上にやりがいのある仕事でした!学んだ事は、本人が ”何歳まで生きるかではなく、どの様に生きるか” 個人のQOL(人生の質・生活の質)を尊重しながらその人に合った介護をしていきたいと思っています。介護は一通りじゃないという事を、職場の先輩方の日々の介護から学びました」

 

ありがとうございました。

笑顔を忘れず、がんばってください‼

 

看多機(カンタキ)建設 大詰め!

  • 投稿者 : care
  • 2021年2月19日 11:03 AM

昨年9月より建設を進めてきた南信初の新規事業「看護小規模多機能型居宅介護事業所」、通称「看多機(カンタキ)」は、来る3月22日同時オープンに向けて、完成秒読み段階に入ってきました(^O^)!。

 

生協総合ケアセンターみのわ

 

看多機わかみや

 

上の写真は箕輪町にある上伊那生協病院南側に建設中の「生協総合ケアセンターみのわ」で、下の写真は伊那市若宮地区に建設中の「看多機わかみや」になります。

 

「生協総合ケアセンターみのわ」には、新規事業の「看多機ふうりん」の他、ずっと運営をしてきた施設の「デイサービスつむぎ」や、訪問看護・介護・リハビリなど訪問系サービスの事務所が置かれる複合施設です!

 

 

いずれも新規事業に伴い、介護職・看護職の募集をしていますので、興味のある方、連絡をお待ちしています!

 

がんばってます!③

  • 投稿者 : care
  • 2021年2月16日 8:56 AM

みなさんこんにちわ!まだまだ寒い日が続きますね。

 

4月には新しい職員が入ってくるというのに(;゚Д゚)

まだまだ続く新入職員紹介!

 

はびろの里3階療養棟勤務のSさん。ここに決めたきっかけは、上伊那医療生協のホームページを見て決めたとの事。

 

ホームページのどこを見て決めたの?と聞いたら、

 

「車いすを押している写真のあるページで、”人にはこれまで生きてこられた人生があり、一人ひとり違う『物語られるいのち』があります”って書いてあって、これを読んでここに決めました」と。

 

そのページは、上伊那医療生協が日々取り組んでいる「物語られるいのち」を紹介したコーナーで、”私たちは患者様・利用者様・ご家族と関わるうえで 一人ひとりの生きてこられた『物語られるいのち』を大切に、その方の思いに寄り添ったケアを提供していきたいと考えます” ”住み慣れた地域で最期までその人らしく笑顔で生きることができるよう、ご本人やご家族と共に歩んでいきたいと思います” と書かれています。

 

興味のある方は是非このページもご覧ください。

 

「いつも利用者様に頼られる職員になれるようにがんばっています‼」

 

 

 

 

この4月からは新たにフレッシュな職員を紹介していく予定です。引き続きよろしくお願いいたします。_(._.)_

 

がんばってます!② ~遅くなりましたが新人紹介!

  • 投稿者 : care
  • 2020年10月29日 11:08 AM

今年度入職した新人紹介第2弾!

老人保健施設はびろの里の2階療養棟で頑張っている2人です。

まずは、Aさん!

「はびろの里2階療養棟で働いています。よろしくお願いします」

 

もう一人は、Nさんです!

「はびろの里2階療養棟のNです。よろしくお願いします!」

 

2人とも、老人保健施設はびろの里の2階療養棟勤務になって半年とひと月が経ちました。

介護職としても、社会人としても1年目。学びの日々が続きます。「学校では教わらない、実際仕事に就いてみて学んだ事って多いです」「わからないことは先輩に聞けば教えてくれるので安心して働き続けることが出来ます‼」と話していました。

はびろの、”良き先輩”に囲まれ、毎日奮闘しています!

 

介護職員初任者研修!

  • 投稿者 : care
  • 2020年9月8日 4:10 PM

生協総合ケアセンターいなを会場に7月からスタート!

 

昨年より6名多い17名が受講中(下は10代から上は70代とまさに老若男女勢ぞろい!)です。

 

今年は、新型コロナウイルスの感染リスク軽減のため講義時間の一部に通信制を導入。長梅雨の7月と猛暑の8月の2か月間、受講生は自宅で介護の勉強に費やしました(頑張った‼)

こんな感じで講義をしています

 

 

8月にはコロナの感染拡大による急な研修日程の変更と感染予防対策。誰ひとり文句ひとつ言わずに?対応していただきました。初任者研修事務局は感謝しかありません!

 

 

今月からは、いよいよ介護技術を学び、10月は介護現場での実習課程に入ります。

 

しかしコロナ禍。

 

でも介護は、スタッフと利用者がまさに”密”にならないとできないですよね。

 

感染の状況を見極めながら、最善の方法で研修を進めていきたいと思います。

 

11月の最終試験の日まで研修は続きます。

フェイスシールド着用の講師、山口介護部長兼研修責任者 「みんなの顔が見えない・・・」

 

 

 

がんばってます!①

  • 投稿者 : care
  • 2020年7月1日 8:50 AM

蕎麦の花

紫陽花

朴葉巻 この季節にしか味わえない木曽の名物

 

 

じめじめとした梅雨の季節になりましたね。

4月から働き始めた新しい仲間たちは、それぞれの職場で日々奮闘しています!

その中で唯一の男性職員Sくん!彼は今いくつかの施設で実習中。そして下半期から、来春開設する「看護小規模多機能」施設の建設準備室に入ります。

「今は各事業所を研修で学ばせていただいています。吸収した事を来年3月開設する看多機で活かせる様に頑張ります!」とSくん。

期待していますよ!

 

2020年度 新しい仲間が増えました!

  • 投稿者 : care
  • 2020年5月7日 3:42 PM

春 大清水川と仙丈ケ岳と八ヶ岳

4月1日、上伊那生協病院近くの木ノ下公民館で「2020年度入職式」が行われ、我が介護部に6名の新しい仲間が加わりました!(下の写真)

4/1の入職式

「よろしくお願いします!」

 

今年度は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、4日間のオリエンテーションが短縮された形で行われたものの、新入職員のみんなは、キラキラ✨した表情をしていて、そして希望に満ち溢れていて、コロナ対応・対策で少しお疲れ気味?の私たちは元気をもらいました!

さて、入職式から1月が経ち、職場にも慣れてきた?彼らの仕事ぶりをお伝えしていきます!皆さま乞うご期待‼

みはらし公園 しらかば・桜・将棋頭

春 高原のような風景と将棋頭

 

県連看介研!

  • 投稿者 : care
  • 2019年10月1日 3:37 PM

みなさんこんにちは~!

介護ブログ担当の山本です。

 

今回は9月28日に実施された

「長野県民医連看護介護研究交流集会」の様子をお伝えします。

これは長野県民医連に加盟している事業所内の

看護師と介護職員が日頃の活動を研究にまとめ、

発表し合うことでお互いの専門性を高め合うことを目的としています。

 

私たち上伊那医療生協からも

介護職員が3例、

看護職員が4例持参して発表してきました!

 

一度に複数の分科会で発表するため

すべての方を写真に収めることはできなかったのですが、

何とか2名は写真に収めました!

内容についてはどこかまた別の機会でお伝えできればと思います。

そして、

今回の記念公演は

あの看護界の巨匠、

川島みどり先生!

 

これもいずれお伝えできればと思いますが、

とにかく一言一言がとても分かりやすいうえに

深い!

 

感動がいっぱいの一日でした。

 

それでは、

また☆

 

次ページへ »