2023年度新規採用 リハビリテーションスタッフ 求人について

2023年度新規採用にて理学療法士/作業療法士/言語聴覚士の若干名の採用を予定しております。

現在新型コロナウィルス(COVID-19)における感染リスク対策として当院では就職活動としての一環として臨床見学、直接の説明会を状況に応じて対応させていただいている状況でございます。就職説明等のご希望がございましたら、ご連絡いただければ幸いです。

また、現段階での採用試験についてお知らせさせて頂きます。

※ 現状のコロナウィルス感染拡大に伴い、試験内容に一部変更がございます。

以下、採用試験についてとなりますので、ご確認の程お願い申し上げます。

※ 就職試験を受ける場合は、電話でご連絡の上、当院ホームページ(http://seikyohospital.kamiina-mcoop.com)より履歴書をダウンロードいただき、履歴書と成績証明書の送付を事前にお願いします。

 

・採用試験日時: 2022年10月中を予定 AM9時~11時30分

・採用試験会場: 上伊那生協病院(三澤ビル)

※コロナウィルス感染状況に伴い、試験場所、内容、日程に変更があることがございます。

※ 詳細についてはお電話でのお問い合わせをお願い致します。

・採用試験内容: 筆記試験(一般問題・専門問題)、面接試験

・採用人数:理学療法士/作業療法士/言語聴覚士 若干名

・勤務予定地:上伊那生協病院、老健はびろの里、ケアセンターいな、ケアセン ターいいじま、他

・採用試験受験方法:まずは下記連絡先までお電話にてお願い致します。

※履歴書・成績証明書の提出をできるだけ事前にお願致します。

上伊那医療生活協同組合 上伊那生協病院

リハビリ技士部会 人事担当 宮沢規章

藁ぼうきとちり取りのご紹介♪

皆さんこんにちは!

生活リハビリサポートいな(就労継続支援B型・自立訓練事業所、通称:リハサポ)です!

リハサポ内はいつもと変わらず、集中したり、和気あいあい(?)とお仕事をしています。休憩時間には、利用者さん同士で会話をしたり、お茶を飲んだりしています。

もちろん、マスクは着用して。。。

感染対策は十分にしながら。。。

早く、マスクなしの生活、皆さんで顔を見合って話ができ、食事ができ、旅行できる日が来るといいですね。

 

さて、本日は、リハサポ内で作っている藁を使った、藁ぼうきをご紹介致します!

この藁ぼうきは、3層に分かれている藁を3つに分け、その一番芯の部分を集めて作っています。写真のように、非常に質の高い商品で、使い勝手は抜群!

 

見た目もカラフルで、使っていて飽きがこない、リハサポの人気商品となっています!

現在、飯島町の道の駅「田切の里」にて、この藁ぼうきとちり取りセットで販売中です。(写真は販売品とは限りません。)

 

田切の里:

https://www.tagirinosato.com/

皆さんぜひお立ち寄りください!

 

生活リハビリサポートいな

信濃毎日新聞に掲載されました!

2022年5月12日付 信濃毎日新聞朝刊に作業療法としての取り組みが一部掲載されました。

まずは、以前にこちらのブログでも掲載させていただきました記事をご覧いただければと思います。

自らの生い立ちを後世に残す – 上伊那生協病院リハブログ (kamiina-mcoop.com)

この度、ご家族様の熱心な関わりで出来た「ききょう」という冊子の紹介がされ、その中で、リハビリ(作業療法)としての取り組みも一部記載いただいております。

以前より身近に感じられるようになった「戦争」について、実体験と当時の挿絵や資料写真も盛り込んであり、戦争経験したことがない我々にも非常にわかりやすい冊子となっています。

当法人内での研修にも活用予定など、若い世代にも知ってもらうきっかけになれば幸いです。

上伊那医療生協 組員センター 作業療法士 有賀康大

 

法人リハビリ部門新人研修報告会

4/16() 法人リハビリ部門新人研修報告会が開催されました。

この研修報告会は理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の免許取得後13年目までのスタッフが普段の実践報告(症例報告)を職能別で発表する機会となっております。今年も昨年と同様コロナ禍での開催となり、感染拡大を配慮しリモートにて実施されました。

当院の出口医師をはじめ、介護保険分野でご活躍されているリハビリスタッフの先輩方等にご参加いただき、多くのディスカッションが行われました。患者様の在宅復帰を支援する上でサービスの検討などのマネジメントにいつも頭を悩ませていましたが、今回の新人研修報告会を通して退院後のサービスについてのアドバイスをいただいたり、自身の臨床を振り返る機会にもなり多くの学びが得られました。 今後の臨床に活かし、患者様にとってより良い支援ができるよう努力できればと思います。

上伊那生協病院 回復期リハビリテーション課 唐澤千春

コロナフレイルには要注意!

「フレイル」…???

皆さんは「フレイル」という言葉はご存知でしょうか?

介護が必要となる一歩手前のことで、「か弱さ」といった表現をすることもあります。

このフレイルは、新型コロナウイルスが流行する前から懸念されておりました。しかし、コロナ禍の長期化により、今では多くの高齢者がコロナフレイル予備軍とされており、身体機能や認知機能低下が囁かれいます。

実際、2020年と2015年のフレイル状態の方を調べた研究では、2020年の1年間に約16%の人がフレイル状態になったと言われています。一方、2015年の調査では、約11%の人がフレイル状態になったと言われています。

つまり、この5年間で、1.5倍へとフレイル状態の人が増えたことになります。

この背景にはやはり、コロナ禍という行動制限による運動不足や社会参加不足が挙げられ、今なお喫緊の課題となっています。

フレイル予防を行うためには?

では、フレイル予防を行うためには何に注意する必要があるのでしょうか。コロナ禍に関わらずフレイル予防には、運動・栄養・社会参加の大きく3つの要素があると言われています。

①運動

冒頭にも申し上げた通り、コロナ禍により、体の機能が衰えたという方は多くいらっしゃいます。

東京大学高齢社会総合研究機関の調べでは、高齢女性に対して調査を行った結果、握力低下が全体の半数あまりに対して、腹筋や背筋などの体幹の筋量が低下した方の割合は全体の8割に上っていると言われています。

東京大学 高齢社会総合研究機構 (u-tokyo.ac.jp)

長期化している行動制限はなかなかおさまらないため、家でも外でも一人でも出来る運動をすることが、フレイル予防の第一歩です。

運動の指標として、ストレッチや体操を1日10分程度、散歩やウォーキングを1日20分程度行うがよいとされています。

そこで、自宅でもインターネット環境があれば出来る運動のご紹介をさせていただきます。以下をクリックしていただき、ぜひ動画を見ながら運動を行ってみて下さい!

【座って10分運動】【スワデキシリーズ第6弾!】座ってできる全身運動! – YouTube

②栄養

続いて、栄養についてですが、基本的にはバランスの取れた食事を1日2回以上摂ることが重要だとされています。

バランスの取れた食事というのが難しいという可能性もありますが、1日を通してうまく補っていければとよいのではないかと思います。

例えば、1回のお肉や脂質、炭水化物などの偏った食事が重なった場合、2回目・3回目の食事では、野菜を多めにとるなどの調整を図るといった具合です。

栄養素でいえば、運動の有無に関わらずタンパク質を十分に摂ることが必要です。タンパク質は、筋肉を作る効果が期待出来ますので、運動と併せて摂取するようにしましょう。

忙しい場合には、プロテインのようなサプリメントも活用するとよいと思います。

③社会参加

最後に、社会参加になりますが、「フレイルの入り口は社会参加の欠如」と言われるほど、周りの人とのつながりは重要となっています。

コロナ禍による制限で、友人や知人との交流が乏しくなった方も少なくないのでは無いでしょうか。周囲との友人や知人との交流がなくなると、気持ちも落ち込み、生活範囲が狭まります。そうすると、体の機能も衰えてくるなど、負の循環となりやすくなってしまいます。

以上のことから、コロナ禍という中ではありますが、いろんな形での社会参加をお勧めします。

特に、コロナ禍では初期の段階から3蜜(密閉・密集・密接)を避けましょうという動きがあります。感染状況にもよりますが、落ち着いている場合には対面式を行う、感染拡大や可能性が否定できない場合には、インターネット環境を活用しながらオンラインで交流するなどのハイブリッド方式とするなど、工夫の余地があると思われます。

「リモート」

「オンライン」

「インターネット」

種々の言葉アレルギーで、聞いただけ避けてしまう人もいるかと思います。しかし、ご家族や知人・友人と協力し合うなど、ぜひこの機会に触れてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

(上伊那医療生活組合員センター 作業療法士 有賀康大)

自らの生い立ちを後世に残す

療養病棟では緩やかながら回復につながり、生活の場に戻られる方もいますが、多くの方は病院生活が長期化しています。

そんな中、リハビリテーションでは何をしたら良いのかを考える機会が少なくないです。特に、寝たきりの患者さんとの関わりでは、関節が硬くならないような機能維持、車椅子への移乗で出来るだけ体を起こし、心肺機能の維持向上や座る練習へ移行するなどを行いますが、年単位での関わりでは漫然としてしまう事があります。

 

そんな時、私はAさんと出会い、口述筆記という関わりを通して、自身の戦争体験を後世に残せるような本の執筆へと至りました。

 

私がAさんと出会ったのは、約4年半前。

 

出会った当時は、酸素チューブをつけ、点滴栄養、食事も口から食べられない状態で、寝たきりでした。

 

全身の倦怠感も強く、会話も長時間は難しい様子でした。

 

そこから、懸命なリハビリを行い、少しずつ回復へと向かって行きました。

 

食事は1食のみ口から食べられるようにはなりましたが、全身の筋力低下が強く、なかなか今までのように起きて過ごしたり、歩くことは難しい状態でした。

 

Aさんは90歳を超えており、超高齢者。

 

回復はしてきたとは言うものの、早くあっちへ行きたいと話す事も少なくなかったです。

 

そんなAさんは、ほとんど寝たきり状態ではありましたが、記憶は非常に鮮明で、今での生活の事や家族の事をはっきりとした言葉で話してくれました。

 

その中でAさんは、満蒙開拓団の一員として満洲に渡って過ごした日々のことを昨日の事かのように話してくれました。

 

「これはしっかり文章に残して残しましょう!」

 

そんな提案をした所、最初は渋々でしたが、徐々に一緒に行う事が出来ました。

 

口述筆記という形で、Aさんには当時のことをとにかく話してもらい、それをセラピストが筆記。そして、それをさらにパソコンへ打ち込み、Aさんのもとへ。

 

「ここはこういう事じゃなくて…」

 

修正しては確認、修正しては確認を繰り返しました。

 

生まれてから、小学生で満州へいき、日本へ帰ってきた約4年間の生活の日々を形に残すという事ができました。

 

それから、Aさんのご家族も熱心に動いて下さり、写真のような、1冊の本にする事が出来ました。

 

作業療法士として、患者さんと何が出来るかを考えると非常に悩ましい維持期リハビリですが、今回のような口述筆記は、特に超高齢者の場合、家族や若い世代へ歴史を残せる貴重な作業であると感じました。

 

 

文章はAさんと作業療法士が一緒に書き、絵は当時の情景が浮かぶようにご家族様が描いてくれました。個人情報でここでは出せませんが、当時の「引揚證明書」も載せてくれました。

 

※掲載に関して、本人ならびにご家族様へ承諾を得ています。

2022年度採用 理学療法士 追加採用試験のご案内

2022年度新規採用にて理学療法士の若干名の追加採用を予定しております。

現在新型コロナウィルス(COVID-19)における感染リスク対策として当院では就職活動としての一環として臨床見学、直接の説明会を中止させていただいている状況でございますが、就職説明等のご希望がございましたら、ご連絡いただければ幸いです。

また、追加採用試験日程が決定いたしましたのでお知らせさせて頂きます。

※ 現状のコロナウィルス感染拡大に伴い、試験内容に一部変更がございます。

以下、採用試験についてとなりますので、ご確認の程お願い申し上げます。

※ 就職試験を受ける場合は、電話でご連絡の上、当院ホームページ(http://seikyohospital.kamiina-mcoop.com)より履歴書をダウンロードいただき、履歴書と成績証明書の送付を事前にお願いします。

 

・採用試験日時: 2022年3月3日(金) AM9時~11時30分

・採用試験会場: コロナウィルス感染拡大に伴い、リモート試験となります。

※ 詳細についてはお電話でのお問い合わせをお願い致します。

・採用試験内容: 筆記試験(一般問題・専門問題)、面接試験

・採用人数:理学療法士 若干名

・勤務予定地:上伊那生協病院、老健はびろの里、ケアセンターいな、ケアセン ターいいじま、他

・採用試験受験方法:まずは下記連絡先までお電話にてお願い致します。

※履歴書・成績証明書の提出をできるだけ事前にお願致します。

 

〈YouTube〉上伊那医療生協健康づくりチャンネル

健康づくりのために、自宅や職場で何か取り組んでいることはありますか?

2021年9月より、上伊那医療生協健康づくりのYouTubeチャンネルを立ち上げました!

コロナ禍で、なかなか外出できない日々が続きますが、このチャンネルを通して、心も体も前向きにポジティブになり、健康づくりに励んでもらえればと思います。 出来るだけ短時間で少ない種目を繰り返すように動画をアップしていきますので、ぜひ日々の生活に取り入れてみて下さい♪

このチャンネルの内容は3つのカテゴリーで構成されています。

① 全世代が取り組めるような身体運動エクササイズ

座ってできるシリーズ(スワデキ)・体幹トレーニング etc

コロナ禍で外出が出来ない時も、いつでもどこでもYouTubeのエクササイズ動画をみながら運動を行えるようになっております。スワデキシリーズでは、座ってできる体の運動、体幹トレーニングでは若年層にも向けて、中級~上級レベルのトレーニングも紹介しております。ぜひ、チャレンジしてみください!

【簡単体操】座ってできる脚の体操(スワデキシリーズ②) – YouTube

② 認知症予防関連動画

コグニティブエクササイズや脳トレ etc

当法人の認知症グループを中心に、認知症予防に関する動画を発信しております。自宅でしかも一人でもできる運動や体操、脳トレがあります。今後も、月に1回は予防に関する体操や脳トレ動画、認知症に関する講義動画などもアップしていく予定です。

【認知症予防】【コグニサイズ】座って出来る3ステップ体操!! – YouTube

③ 子ども向け全身運動や遊び動画

全身じゃんけん・バランスゲーム・早く動くを鍛える遊び etc

コロナ禍でどこにも行けずに、家でゲームばかり…。そんな時に、この動画をみながら親子で一緒に遊んでみませんか?大人が行っても案外難しいものばかりで、競争なんてこともよいと思います!全身を使っていろんな運動を行い、感覚を取り込むことで、子供の発達・成長に繋がると思います!まずは、一緒に動画を見てみてくださいね♪

【子ども】【バランスを鍛えよう!】バランスゲーム3種! – YouTube

これからも不定期ではありますが動画をアップしていきますので、チャンネル登録をお願いします!そして、繰り返し自宅や職場で運動を行ってみてください!

2022年度4月採用 理学療法士募集

上伊那医療生活協同組合では、

2021年度4月1日採用の理学療法士を募集することとなりました。

就職説明は随時行いますので、まずはお電話にてご連絡下さい。

採用試験日時:応相談

採用試験会場:上伊那生協病院

選考方法:筆記試験(一般・専門)、面接

求人数:理学療法士若干名

結果発表:採用試験後3日以内に電話連絡いたします。正式な合否通知は1週間前後に文書発送致します。

まずは、お電話にてお問い合わせください!

 

お問い合わせ先

上伊那医療生活用同組合 リハ技師部会 人事担当

上伊那生協病院 理学療法士 宮沢規章

電話0265(79)1731

 

成長のチャンス

当院外来リハビリに通われているピアノの先生から、音楽教室のピアノ演奏発表会のパンフレットをいただきました。その中で、生徒さんたちに向けたメッセージがとても素敵で、感銘を受けたのでご紹介させていただきます。(ご本人の同意をいただいています。)

 

「成長のチャンス」

今年6月、私は驚くような体験をした。今でも、その出来事を思い出すと幸せな気持ちになる。

私は左半身に麻痺があり、3年前から上伊那生協病院にお世話になっている。この病院には、リハビリ界の世界的権威 大槻利夫先生が常任されており、若いセラピストの皆さんが常に切磋琢磨し、ハイレベルなリハビリを提供している。不調の時、私はこの施術に何度救われたことか!

初めて知る真のリハビリテーションの世界。驚くことに、そこには音楽との共通点がいくつもあった。

✿脱力の大切さ ✿集中して全身でトライ ✿繊細な動きのコントロール ✿良い練習をすること・・・etc.

私は、倒れて以来右手だけでレッスンを行なっているが、これまで困ったことがない。大槻先生に施術していただいた5月のある日、何気なくそんなお話をすると、先生が「左手の回復はないね。人は困らないと成長しない」とおっしゃった。「え?回復がない??」その強烈な言葉に一瞬戸惑ったが、すぐに腑に落ちた。

そうだ。私はセルヴァンスキー先生に師事した20年間、ずーっと困ってきた。だから成長できたんだ! ‘しばらく休んでいたピアノの練習を始めよう‘ そう決意すると、今度はロンドンに住む先生からメールが届いた。今の私にふさわしいテキストを教えてくれたのだ。それは、ハンガリーの作曲家バルトークのピアノ入門書だった。何というタイミング。

メールには、こんなメッセージが  —私たちは長い間一緒に学んできました。素晴らしい音楽の意味を理解しているあなたなら、これらの作品の美しさがきっとわかると確信しています—

6月、久しぶりにワクワクしながらテキストを注文し、YouTubeで演奏動画を観た。ところが、美しい作品どころか私には単調でつまらない音楽にしか聞こえてこない・・・

数日後テキストが届き、全音符・2分音符・4分音符が連なる曲をゆっくり弾いてみた。すると、5曲目を過ぎた時のこと。突然、もの凄い衝撃に襲われた。バルトークの音楽が私の魂を揺さぶったのだ!!一瞬にして光に包まれたような感覚。体がふわふわし、自然と笑みがこぼれる。そんな状態が1週間ほど続いた。体験したことのない感動だった。

長年に渡るセルヴァンスキー先生のご指導と、大槻先生の愛情ある言葉で、私は音楽の真髄に触れその深さを知った。2人の偉大な先生方に出逢えたこと、ご指導いただけたこと、感謝しかない。

これからも『困る=成長のチャンス』と捉え、一歩一歩、歩んでいきたい。

 

1 / 8ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén