地域住民向け健康づくりセミナーが開催されました!

「上伊那健康チャレンジセミナー」

10月29日(土)に、JA上伊那3階フラワーホールにて、地域住民向けの健康づくりセミナー「上伊那健康チャレンジセミナー」が開催されました。

 

例年、8月から11月の間に「信州まるごと健康チャレンジ(主催:長野県協同組合連絡会)」が実施され、医療生協では組合員の皆さんにパンフレットを配布して健康づくりを促進してきました。

 

そんな健康チャレンジの期間中に、上伊那でも何か健康づくりに関する活動を行おうという声をあげ、健康づくり委員会主催で、上伊那版健康チャレンジ「上伊那健康チャレンジセミナー」を開催する運びとなりました。

 

第一部では、地域の組合員で健康づくりを意欲的に行っている方からの実践報告を行っていただきました。継続する大切さ、途中で挫折しても何とかやりきる工夫など、大変貴重なお話が聞けました。

 

第二部では、「膝の痛み・予防 膝の知識とエクササイズ」と題し、理学療法士の加納拓馬氏をお呼びし開催しました。加納氏は、上伊那生協病院で理学療法士としてのキャリアをスタートさせ、現在は埼玉県で活動しています。膝に関する研究も行っており、講演では一般向けにも分かりやすくお話していただき、後半では痛みに応じたエクササイズを参加者の皆さんと一緒に行いました。

 

 

「実践を通じて有意義な講演でした。一人ひとり、痛みの違いに応じたストレッチを知ることが出来て嬉しかったです。」

 

 

「とても楽しく時間を忘れてお話を聞かせていただきました。今はどこも痛くありませんが、将来の為に、今日教えていただいたストレッチを毎日寝る前にやっていこうと思います。」

 

 

「簡単なストレッチでもなかなか自分でやっていなかったので、これを機会に家でもやってみようと思います。」

 

参加者の皆さんからは、大変満足で有意義な時間が過ごせたと多くの方から感想をいただきました。

 

コロナ禍で失われた、健康に大切な「人が動くきっかけづくり」のため、今回のようなセミナーを今後も実施していき、地域住民の健康づくりに関わっていきたいと思います。

 

上伊那医療生協 組合員センター 作業療法士 有賀康大

2023年度新規スタッフ・リハビリOT・ST採用について

2023年度新規採用にて作業療法士(OT)/言語聴覚士(ST)の若干名の採用を予定しております。

現在新型コロナウィルス(COVID-19)における感染リスク対策として当院では就職活動としての一環として臨床見学、直接の説明会を状況に応じて対応させていただいている状況でございます。就職説明等のご希望がございましたら、ご連絡いただければ幸いです。

以下、採用試験についてとなりますので、ご確認の程お願い申し上げます。

※ 現状のコロナウィルス感染拡大に伴い、試験内容に一部変更がある場合がございます。

※ 就職試験を受ける場合は、電話でご連絡の上、当院ホームページ(http://seikyohospital.kamiina-mcoop.com)より履歴書をダウンロードいただき、履歴書と成績証明書の送付を事前にお願いします。

 

・採用試験日時: 随時TELにてお問い合わせ下さい

・採用試験会場: 上伊那生協病院(三澤ビル)

※コロナウィルス感染状況に伴い、試験場所、内容、日程に変更があることがございます。

※ 詳細についてはお電話でのお問い合わせをお願い致します。

・採用試験内容: 筆記試験(一般問題・専門問題)、面接試験

・採用人数:作業療法士(OT)/言語聴覚士(ST) 若干名

・勤務予定地:上伊那生協病院、老健はびろの里、ケアセンターいな、ケアセン ターいいじま、他

・採用試験受験方法:まずは下記連絡先までお電話にてお願い致します。

※履歴書・成績証明書の提出をできるだけ事前にお願致します。

上伊那医療生活協同組合 上伊那生協病院

リハビリ技士部会 人事担当 宮沢・橋場(OT)・春日(ST)

コロナ禍でのご家族さまとの繋がり

Aさんはご自宅で畑仕事を日課とし、家族に育てた野菜を食べてもらう事を楽しみに畑仕事をされていました。また日々の様子を日記に記し過されてきました。関わらせて頂く中で“日記をかく”“畑をする”“家族と話したい”と想いがあり、その中でも家族に畑の事を教えたいとの想いが強くありました。

リハビリの中で書字練習を始め、辞書を使いながら文章が書けるようになり、多職種と連携してご家族との交換ノートを始めました。交換ノートには野菜づくりのアドバイスなどを書かれていました。

Aさん自身も野菜を作りの想いもあり、多職種でどのように作業を進めていくのか検討し、ベランダでの野菜づくりに挑戦しました。野菜の成長記録もノート記していました。

この夏ピーマンとキャベツを収穫し、ご家族さまに、自宅で食べて頂きました。食べた感想も書かれておりAさんのとても嬉しそうな姿がありました。現在は、二十日大根と人参づくりをしています。

コロナ禍で出来ない事が増えましたが、その中でもできることを模索しご利用者さま、ご家族さまの想いに寄り添った個別ケアを多職種で共有し継続した関わりを続けていきたいと思います。

はびろの里 作業療法士 中野龍美

老健での口腔ケアを考えよう!

9/21(水)に老人保健施設はびろの里で施設協力歯科医院のみらい歯科クリニック 新村弘子先生より口腔ケアについての ご講義をいただきました。

本日の講義では…

・口腔のケアにおける基本的な歯科治療の知識

・誤嚥性肺炎を予防していくためのケアの重要性

・「食べる」を継続するための歯科、嚥下の機能

などをご講義いただきました。はびろブロックの各部署から日中の時間帯ではありましたが、多数のスタッフが参加し熱心に聞き入っている姿が印象的でした。

令和3年の介護報酬改定では「リハビリテーション・機能訓練、口腔、栄養」の一体的な取り組みの推進が提起されました。はびろの里では多職種と連携しながら利用者様が安全に楽しく食べるためのケアを意識して取り組んでいます。私たちリハビリスタッフもこうした口腔機能・口腔ケアの基本的な知識を積み重ねながら利用者様・ご家族様の想いを実現できるお手伝いをしていきたいと考えています。

 

はびろの里 作業療法士 小原貴之

学生さんとの出会い:一期一会

当院では、OT協会が定める作業療法士臨床実習指導施設の認定を受けており、毎年、県内外の養成校から学生の受け入れを行っております。昨今は、コロナ禍の影響で、以前ほど学生の受け入れはできておりませんが、CCS(クリニカルクラークシップ)における、いわゆる参加型の臨床実習の指導体制をとっており、一緒に患者様の評価と治療介入を、治療者目線で行えるように指導を進めていくことを目指しています。ともに臨床を過ごした経験を通して、当院のリハビリの理念や雰囲気に共感していただき、今現在、一緒に働いているスタッフも多くいます。

 

そんな中、今年の夏、7週間の臨床実習を終えた学生さんより、実習を振り返って感想文を作成してくれました。今回の実習を通して、臨床にあたるにあたって、大事な視点を共有できたんだなと思える感想だったので、一部抜粋ではありますが、ご紹介させてください。

※ なお、掲載にあたり、学生本人の了承はいただいております。

 

スムーズにピンポイントで治療を進めていく過程を見学させていただき、実際に自分も同じように行おうとすると全然スムーズにいきませんでした。どのような姿勢でどこを評価し、どこに焦点を当て治療を進めるかをその場で臨機応変に考えなければいけないので、頭が追いつかず、ひとつの動作をみることで精一杯でした。また、身体の動かし方も先生の真似するだけでも思った通りに動かせず、難しく思いました。動作分析は、正常の動作を理解していかなければどこが違うのか見つけることができません。身体を触診してもこれがなんという筋肉か、どういう作用なのかを理解していなければ意味がないということを学びました。筋肉の位置関係など覚えたつもりでしたが、実際に触っている筋がなんの筋かわからなかったので、文字だけで覚えず、画像などで想像しながら勉強を進めていく必要があると感じました。今回の実習で、今まで習ってきた授業の重要性を改めて感じました。国家試験のための勉強方法と臨床のための勉強方法は全く同じではいけないと思いました。

 

最初は座骨を感じるとか、上腕骨頭内での上肢の動かし方とか患者さんの身体の動きを感じとるということが全く分かりませんでしたが、徐々に感じられるようになり、感覚が理解できた時は嬉しかったです。

人の身体は不思議で面白いです。誘導の仕方で簡単に動いたり動かなかったり、正直だと感じました。上肢の介入で下肢が良くなるなど、治療を通して全身の繋がりを実感しました。

 

わたしは信頼される作業療法士になりたいと思っています。信頼されるというのは、対象者とコミュニケーションをとり関係を築くこと、些細な変化に気づくこと、対象者に合った作業療法を行うことなど色々ありますが、信頼されるというのは評価結果(根拠)や治療目的、治療後の変化を言語化し、対象者に分かりやすく伝えることが出来ることだとこの実習を通して思いました。実際にそういったコミュニケーションをとりながら治療介入したときの方が患者さんと通じあっているように感じることができました。また、患者さんの表情も緩み、笑顔も増えると感じました。

(※ 感想文より抜粋し、一部編集あり)

 

実習序盤は、養成校で受けている学習とのギャップを肌で感じて、思うように臨床に参加できなかった学生さんですが、実習後半になるにつれて、「わからないなりに、やってみよう」と治療に参加してくれる姿がみられるようになりました。一緒に治療している中で、患者さんの変化を感じとり、患者さんと一緒に共有できる場面もみられました。休みの日に、ハンドリングの勉強をしていると聞いたときは驚きましたが、「治療=難しい」で立ち止まらず、教科書に載っていないことでも、自分なりになにができるかと考えて行動できていることは大きな経験になっていたのではないかと指導者ながらに感じた所存です。

 

学生との出会いは、まさに一期一会だと思います。かつての自分も、実習でお世話になった患者様や指導者からいただいた言葉は今でも身に染みて覚えています。それだけ、リアルな臨床の現場を肌で感じることで得られる経験は大きく、自分自身とも向き合える貴重な機会でもあると思います。指導者として関わるようになった現在でも、学生一人一人を見極めつつ、どうすればより多くの経験を積んでもらえるかを大事にしながら一緒に臨床に向かうように心掛けております。

 

学生みなさんにお伝えしていることではありますが、また成長した姿で臨床の現場で再会できることを楽しみに、日々の臨床に励みたいと思っています。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

上伊那生協病院 回復期リハビリテーション課

作業療法士 小林 和宏

いきいき百歳体操5周年記念に参加してきました!

先日、上伊那郡箕輪町で行われた「いきいき百歳体操5周年記念 介護予防セミナー ~みんなでいきいき元気な地域づくり~」に参加してきました。

箕輪町が百歳体操の取り組みを始め、5周年が経過し、今回はその5周年記念講演でした。

コロナ禍ということもあり、午前の部と午後の部に分けられ、箕輪町文化センターを拠点に、公民館等にオンラインを用いての参加となりました。

セミナーの前半は、町の取り組みについての報告がありました。

箕輪町では、行政区全15区での取り組みとなり、残りの5地区でも百歳体操が導入できるように働きかけていくと報告があり、各区への浸透率が非常に高いと感じました。

後半の講演には、久保田好正先生((株)斬新社代表取締役・作業療法士)を迎え、フレイル予防・いきいき百歳体操についてのお話を聴講致しました。

・フレイルとはなにか?

・フレイルを予防するためには?

・百歳体操の効果って?

笑いを交えて本当にわかりやすく講演いただきました。百歳体操は非常に効果的な体操であり、コロナ禍におけるフレイル予防には非常に有効であると感じました。

講演の後半では、実際に「百歳体操」を参加者と共に体験でき、非常に有意義な時間となりました。

今後は、上伊那全体に百歳体操などのフレイル予防が広がるように、色々な取り組みにも力を入れていきたいと思います。

 

作業療法士 有賀俊輔・有賀康大

2023年度新規採用 リハビリテーションスタッフ 求人について

2023年度新規採用にて理学療法士/作業療法士/言語聴覚士の若干名の採用を予定しております。

現在新型コロナウィルス(COVID-19)における感染リスク対策として当院では就職活動としての一環として臨床見学、直接の説明会を状況に応じて対応させていただいている状況でございます。就職説明等のご希望がございましたら、ご連絡いただければ幸いです。

また、現段階での採用試験についてお知らせさせて頂きます。

※ 現状のコロナウィルス感染拡大に伴い、試験内容に一部変更がございます。

以下、採用試験についてとなりますので、ご確認の程お願い申し上げます。

※ 就職試験を受ける場合は、電話でご連絡の上、当院ホームページ(http://seikyohospital.kamiina-mcoop.com)より履歴書をダウンロードいただき、履歴書と成績証明書の送付を事前にお願いします。

 

・採用試験日時: 2022年10月中を予定 AM9時~11時30分

・採用試験会場: 上伊那生協病院(三澤ビル)

※コロナウィルス感染状況に伴い、試験場所、内容、日程に変更があることがございます。

※ 詳細についてはお電話でのお問い合わせをお願い致します。

・採用試験内容: 筆記試験(一般問題・専門問題)、面接試験

・採用人数:理学療法士/作業療法士/言語聴覚士 若干名

・勤務予定地:上伊那生協病院、老健はびろの里、ケアセンターいな、ケアセン ターいいじま、他

・採用試験受験方法:まずは下記連絡先までお電話にてお願い致します。

※履歴書・成績証明書の提出をできるだけ事前にお願致します。

上伊那医療生活協同組合 上伊那生協病院

リハビリ技士部会 人事担当 宮沢規章

藁ぼうきとちり取りのご紹介♪

皆さんこんにちは!

生活リハビリサポートいな(就労継続支援B型・自立訓練事業所、通称:リハサポ)です!

リハサポ内はいつもと変わらず、集中したり、和気あいあい(?)とお仕事をしています。休憩時間には、利用者さん同士で会話をしたり、お茶を飲んだりしています。

もちろん、マスクは着用して。。。

感染対策は十分にしながら。。。

早く、マスクなしの生活、皆さんで顔を見合って話ができ、食事ができ、旅行できる日が来るといいですね。

 

さて、本日は、リハサポ内で作っている藁を使った、藁ぼうきをご紹介致します!

この藁ぼうきは、3層に分かれている藁を3つに分け、その一番芯の部分を集めて作っています。写真のように、非常に質の高い商品で、使い勝手は抜群!

 

見た目もカラフルで、使っていて飽きがこない、リハサポの人気商品となっています!

現在、飯島町の道の駅「田切の里」にて、この藁ぼうきとちり取りセットで販売中です。(写真は販売品とは限りません。)

 

田切の里:

https://www.tagirinosato.com/

皆さんぜひお立ち寄りください!

 

生活リハビリサポートいな

信濃毎日新聞に掲載されました!

2022年5月12日付 信濃毎日新聞朝刊に作業療法としての取り組みが一部掲載されました。

まずは、以前にこちらのブログでも掲載させていただきました記事をご覧いただければと思います。

自らの生い立ちを後世に残す – 上伊那生協病院リハブログ (kamiina-mcoop.com)

この度、ご家族様の熱心な関わりで出来た「ききょう」という冊子の紹介がされ、その中で、リハビリ(作業療法)としての取り組みも一部記載いただいております。

以前より身近に感じられるようになった「戦争」について、実体験と当時の挿絵や資料写真も盛り込んであり、戦争経験したことがない我々にも非常にわかりやすい冊子となっています。

当法人内での研修にも活用予定など、若い世代にも知ってもらうきっかけになれば幸いです。

上伊那医療生協 組員センター 作業療法士 有賀康大

 

法人リハビリ部門新人研修報告会

4/16() 法人リハビリ部門新人研修報告会が開催されました。

この研修報告会は理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の免許取得後13年目までのスタッフが普段の実践報告(症例報告)を職能別で発表する機会となっております。今年も昨年と同様コロナ禍での開催となり、感染拡大を配慮しリモートにて実施されました。

当院の出口医師をはじめ、介護保険分野でご活躍されているリハビリスタッフの先輩方等にご参加いただき、多くのディスカッションが行われました。患者様の在宅復帰を支援する上でサービスの検討などのマネジメントにいつも頭を悩ませていましたが、今回の新人研修報告会を通して退院後のサービスについてのアドバイスをいただいたり、自身の臨床を振り返る機会にもなり多くの学びが得られました。 今後の臨床に活かし、患者様にとってより良い支援ができるよう努力できればと思います。

上伊那生協病院 回復期リハビリテーション課 唐澤千春

1 / 8ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén